サラリーマン投機家の株本おすすめブログ

投機のようなものを日々行っています。あくまで私の考えを書いているだけですので、投機(投資)は自己責任でお願いします。

日経平均株価の位置は高いか低いか真ん中か?

選挙結果でましたね。

株価には間違いなくプラス材料だと思います。

 

日経平均株価は10月20日終了時点で21,457円。

数字だけ見ると高い位置ですね。

私が株を始めてから1番高い位置です。

 

別の側面からも見てみたいと思います。

日経平均株価にも個別株と同様にPERというものがあります。

(PER=株価÷1株あたり利益)

 日経平均株価はPER13倍から17倍の間を動いていることが多いです。

この間が適正と思われる事が多いのですね。

 

では10月20日終了時点の日経平均株価のPERは?

 21457円÷1430円=15倍です。

ちょうど真ん中の位置ですね。

高い位置ではありません。

日経平均株価があれだけ連騰してもまだ真ん中です。

なぜか?

 

企業の業績が良くなった結果、1株あたり利益が増えたからです。

日経平均株価の値だけを見てると高すぎて怖いと思うかもしれません。

ただし1株あたり利益が1000円を下回っていた時とは状況が変わっています。

 

日経平均株価の上げ下げを予測し、信じ込む事は危険だと思います。

また、正確に当て続けることは不可能でしょう。

ただし現状どの位置にいるのかを把握することは重要だと思います。