サラリーマン投機家の株本おすすめブログ

投機(投資)に役立つと思う株本をおすすめしていきます。あくまで私の考えを書いているだけですので投機(投資)は自己責任でお願いします。

ゾーン マークダグラス パンローリング

 

ゾーン ? 相場心理学入門

ゾーン ? 相場心理学入門

 

 ゾーンとは「邪念のない落ち着いた静かな心境」だそうです。

ただし、滝に打たれて精神を強くするとかそういった話ではありません。

マーケットの性質を知って、余計な感情を持たないという話です。

自分の資産が大きく上下するのを見たら、一喜一憂するのが普通でしょう。

でもマーケットに翻弄されていたら、負け組になる可能性が極めて高いです。

高い所を買わされて、安い所で売らされるのがオチです。

株価の上げ下げに動揺して一貫したトレードができない方に特におすすめです。

そもそも動揺する必要がないことを、この本が教えてくれます。

 

マーケットはどのような性質を持つか解説されています。

そもそも株価の上下を100%当てることなど不可能です。

自分の意志と反対に動いた時に、怒りや恐れを感じるのは傲慢とも言えます。

マーケットには絶対等ありえないのです。

存在するのはあくまで確率です。

なぜそのようなことが言い切れるのか?

過去と全く同じなどありえないのです。

株価に影響を与える存在である参加者は、毎回同じではありません。

その心理を完全に把握するのは不可能です。

 

マーケットの性質を踏まえた上で、どのような売買をすればよいか学べます。

この本の主題は適切な売買技術の向上です。

それさえ身に付ければ、そもそも動揺する必要がありません。

利食い

損切り

ポジション調整。

一貫した結果を出す為の売買技術が、この本には書かれています。

 

読む前は、精神を強くする的な本かと思っていました。

実際は全然違います。

マーケットというものを理解する。

それに見合った売買技術を身に付ける。

そのことにより精神を乱す必要がない。

決して風化することのない名著です。