サラリーマン投機家の株本おすすめブログ

自分が読んで役に立ったと思う株本をおすすめしていきます。あくまで私の考えを書いているだけですので投資は自己責任でお願いします。

マネーの公理 マックス・ギュンター 日経BP社

 

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

 

 

もしあなたが投資(投機)を通じて大きな資産を築きたいなら、この本は間違いなく役に立つでしょう。

 世の中には、あなたもお金持ちになれる的な本は無数に出ています。

けれども、そういった本は抽象的な内容が多いように思います。

思考を変えるだのなんだの、私にはさっぱり分かりませんでした。

そういった本とこの本との違いは何か?

内容が非常に具体的です。

投資(投機)を用いて、小資本からでも大きな資産を作る方法が書かれています。

 

スイスの銀行ディーラーの仲間内で作られた、12の公理と16の副公理がこの本には書かれています。

そして仲間内の1人が著者の父親です。

チューリッヒの子鬼たち」と言われた彼らの儲けの掟を読むことができるのです。

大きく分けると投資(投機)に必要な要素は売買技術・知識・精神面の3つになるかと思います。

投資(投機)を行っていると陥りがちな過ちを、各項目ごとに正していってくれます。

集団で作り出した掟の利点がここにあります。

つまり、投資(投機)家が陥りがちな過ちがほとんど網羅されているのです。

各公理毎に考えさせられます。

小資本の者が行うべきこと。

生じてしまいがちな欲。

信じてしまいがちなもの。

上手く取りいれることができれば、投資(投機)能力は飛躍的に上昇するでしょう。

 

公理を説明するにあたり、何人かの登場人物が出てきます。

読んでいくうちに怖くなってくるかもしれません。

お金に対する考え方で、こうも人生が変わってしまうのかと。

これは必ずしもリスクを取って失敗した場合だけではありません。

リスクを取らなかった場合もです。(そう本人が思い込んでいる。)

リスクを取らないと思っていても、実際には必ずリスクにさらされます。

円預金だけにしていたら、あなたの老後には円の価値が著しく低下しているかもしれません。

どちらにせよ取らなくてはならないリスクなら、正しいリスクの取り方を学ぶ必要があります。

最適なリスクの取り方は人によって変わってきますが、あなたに最適なリスクの取り方を見つける手助けにこの本はなってくれるでしょう。