サラリーマン投機家の株本おすすめブログ

投機(投資)に役立つと思う株本をおすすめしていきます。あくまで私の考えを書いているだけですので投機(投資)は自己責任でお願いします。

自立のためにプロが教える株式投資 板垣浩 同友館

 

自立のためにプロが教える株式投資

自立のためにプロが教える株式投資

 

 

今回は1990年に第1刷が発行された本を、おすすめしたいと思います。

著者は証券会社、ファンドマネージャーを経てその後フリーになった方です。

 

導入部分として著者が証券会社にいた時の話があります。

まだ日本にオンライン証券などなかった時代の話です。

当時相場をやらせる側の人間(証券会社)が、相場をやる側の人間(顧客)をどのように扱っていたかが分かります。

今はオンライン取引が当たり前で環境が違いますが、その名残りはあるように思います。

 

情報をどのように扱うべきかが、書かれています。

 この本では資料として、「日経の綴じ込み」「月足20年」「四季報」「会社情報」「株価総覧」を挙げています。

それ以外は不必要どころか有害としています。

情報は最低限で良いという考えですね。

ここまで極端なのはどうかと思いますが、株価自体の値動きに注目して売買するほうが有益であると私も思います。

また、四季報の使い方が特徴的で、1冊だけを見るだけでは1時点を見ているにすぎないので、過去の四季報も含めて並べると、連続性が出てこの情報の価値が飛躍的に増大すると書かれています。

私もやってみましたが、注目した銘柄が、いつの時期に好調でいつの時期に不調だったかが、非常に分かりやすかったです。

よかったらやってみて下さい。

 

最後に具体的な売買方法が書かれています。

 株価の値動きを自分で書いて、株価の動きを捉える。

そして分割して株価の安い時に買い、株価の高いところで売りを入れていく。

私がこの本を読んで思ったことは、買いも売りも非常に丁寧であるということです。

少量ずつゆっくり売り買いを入れているように見えます。

このように余裕を持って売買するのと、焦って売買するのではどちらが有利かは明白でしょう。