サラリーマン投機家の株本おすすめブログ

自分が読んで役に立ったと思う株本をおすすめしていきます。あくまで私の考えを書いているだけですので投資は自己責任でお願いします。

実践生き残りのディーリング 矢口新 パンローリング

 

実践 生き残りのディーリング (現代の錬金術師シリーズ)

実践 生き残りのディーリング (現代の錬金術師シリーズ)

 

 

私が明確な損切りラインを決めるきっかけになった本です。

損切りとは、値下がりした保有株を売って損失額を確定させることです。)

この本を読むと、株式投資において値動きがいかに重要か思い知らされます。

 

100項目にわたって、相場の本質が記されています。

内容は様々です。

損切り・トレンド転換・ポジションについて等多岐にわたります。

もともとプロのディーラー向けに書かれたというだけあって、非常に鋭い視点で書かれています。

あなたに新たな気づきを与えてくれるものが、必ず出てくるでしょう。

 

損切りの重要性を再認識します。

この本で書かれている内容は多岐にわたります。

ただし、1番重要なのはタイトルから推測すると、損切りではないかと思います。

損切りとは、損を限定させ相場に生き残る為の術だからです。

損を限定させ相場に生き残ってさえいれば、またチャンスはめぐってきます。

自分を過信しすぎて、値動きを軽視していると次のチャンスはもうめぐって来ないかもしれません。

 

金融商品の値動きにたいする理解が深まります。

上昇トレンドをさらに加速させるものとは?

逆にトレンドの転換点となる場所とは?

結局は、相場参加者の心理面に起因します。

それぞれのケースにおいて、何故そのような事が起こるのか解説されています。

この本を読んだ後、あなたの値動きの捉え方が変わっているかもしれません。

 

この本は投資をされている方で、もう一段階上にいきたいと思われている方に特におすすめです。

次の段階にいくきっかけになるような項目が、100項目の中にきっとあるでしょう。

 

実践生き残りのディーリング 矢口新 パンローリング

実践 生き残りのディーリング (現代の錬金術師シリーズ) | 矢口新 |本 | 通販 | Amazon