サラリーマン投機家の株本おすすめブログ

自分が読んで役に立ったと思う株本をおすすめしていきます。あくまで私の考えを書いているだけですので投資は自己責任でお願いします。

デイトレード オリバー・べレス/グレッグ・カプラ 日経BP社

 

デイトレード

デイトレード

 

 

今回は久々に株の本をおすすめしたいと思います。

有名な著書なので雑誌等の書籍紹介にもよく出ています。

 

株取引は必ず相手のいることを再認識されます。

画面で数字だけを見て取引しているとついつい相手がいる事を忘れてしまいがちなんですよね。

けれどその数字をやり取りしているのには相手がいます。

あなたが儲けるためにはあなたが買った値段より高く買ってくれる相手がいなくてはなりません。

安く買いたいならみんなが安く売ってくれる時を待つしかありません。

みんなが競って安く売ってくれる時とはどういった時でしょうか?

この本を読んでいるといやというほど画面の向こうの相手を意識させられます。

この本のタイトルは「デイトレード」という短い時間軸の取引ですが、時間軸が長くなっても共通して使える内容がほとんどだと思います。

時間軸が長くなろうとも取引をする相手は必ずいますので。

 

損切りの重要性が分かります。

本書では損失を抑える事がいかに重要か書かれています。

株式投資において損失を出さないことは不可能であり、損失をコントロールする為には損切りによって損失を少額に抑えるしかありません。

どうしても勝ち方に目が行きがちですが、負け方はそれ以上に重要ではないでしょうか?

トレードを続けるにあたって必要な負け方を本書で学べます。

 

トレードをするにあたっての考え方が書かれています。

本書では取引をするにあたっての具体的な技法よりも考え方が書かれています。

きれいごとではなくいかに知識を付け、技術を上げ、人を踏み台にして相場で利益を上げていくか。

勝ち組トレーダーがどういった考え方でトレードしているかを感じ取れます。

 

全体的に厳しい内容が多いかもしれませんが、本質を突いた内容が多いと思います。

株は一定のパイを奪い合うものではないという考えもありますが、富の奪い合いは必ず生じます。

もちろんこれはデイトレードだけでなくもっと時間を長くしたトレードでも同様です。

あなたが勝ち残るのに必要なトレードの本質を突いた言葉が数多く書かれているのではないでしょうか。