読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン投資家の株本 株主優待 おすすめ

自分が読んで役に立ったと思う株本をおすすめしていきます。あくまで私の考えを書いているだけですので投資は自己責任でお願いします。

[株主優待 おすすめ]株主優待銘柄の注意点

今回は株主優待銘柄の注意点について書きたいと思います。

 

人気の株主優待銘柄を持っていて1番怖いのはやはり株主優待の廃止及び改悪でしょう。

これは最悪ですね。

もともと株主優待目当てで買ってるのにそれがもらえなくなるうえにほぼ間違いなく株価は急落します。

当たり前ですよね。

人気の株主優待銘柄ほど業績への期待でなく優待と配当目当てで買われてるのですから。

手元に残るのは買った値段より値下がりし、株主優待も出さなくなった魅力を感じない銘柄です。

卵を産まなくなったニワトリみたいなものですね。

業績成長等値上がり要素がないのなら、売って損を確定させるのが1番良いでしょう。

大切な資金を死なせておくよりはマシです。

株を買うからにはこういった最悪のケースも考えておくべきでしょう。

 

次に気をつけるべきことは損切りのタイミングが遅れやすくなる点です。

業績が悪化したり日本株市場全体が下落して株価が下落していくケースを考えてみましょう。

魅力的な株主優待は継続してくれているとしましょう。

ただし株価は連日下落していくんですよね。

仮に50%株価が下落したとすると、総合利回り5%としても回収するのに10年かかるんですよね。

それでなんとかチャラです。

(ちなみに総合利回りとは株主優待+配当の利回りを指します。)

あなたの貴重な資金を使って10年でやっとチャラでは投資の効率が悪すぎます。

株主優待が魅力的でなかなか売りずらいかもしれませんが、何%下がったら売って損失を確定すると決めておいたほうがよろしいかと思います。

 

最後に利益確定のタイミングが掴みづらい点です。

最後は贅沢な悩みです。

あなたが買った株主優待銘柄が仮に大きく値上がりした時にそのまま放置しておいて良いのか考えてみたいと思います。

例えば相場全体が上昇し、あなたが購入した株主優待銘柄が50%値上がりしたとしましょう。

総合利回りが5%の銘柄だとしたら単純計算でその値上がり分を回収するのに10年かかるわけです。

2倍になったとしたら値上がり率100%です。

その場合は回収するのに20年かかります。

20年は気の遠くなるほど長いですよね。

20年あれば赤ん坊が成人します。

その20年分の利益が目の前にあるのに見過ごしていいのでしょうか。

投資の効率からいって利益確定の売りをする基準も設定しておくことも必要かと思います。

 

今回書きたかったことは株主優待銘柄だからといってあまり特別扱いしすぎないほうが良いという事です。

株主優待の魅力に惹かれすぎて利益確定のタイミングや損失を確定するタイミングをおろそかにしないようにしたいという内容でした。

株主優待を突然やめるケースもありますので。

今回の記事はあくまで私の考えを述べたものですので投資は自己責任でお願い

致します。

また優待内容は変わりやすいので最新の情報を調べて買うことをおすすめします。

 

↓ 株主優待内容のチェックに便利です。

Amazon CAPTCHA

[株主優待 おすすめ]株主優待銘柄のメリット

今回は株主優待銘柄のメリットについて書きたいと思います。

 

最大のメリットはやはり株主優待を含めた総合利回りですね。

総合利回り=株主優待+配当の利回りです。

5%以上の銘柄がたくさんあります。

これだけ利回りのいい金融商品は少ないのではないでしょうか?

なかには10%を超える銘柄もあります。

株価はアベノミクス以前に比べるとだいぶ上がってはいますが、株主還元を重視する

企業が増えていることもあってまだまだ利回りの良い銘柄は多いかと思います。

 

2つ目のメリットは株価が下落しにくいことです。

人気のある株主優待銘柄はその優待を維持している限り通常の銘柄より株価が下落

しにくいです。

なぜか?

株価が下落するシーンを考えてみましょう。

株価が下落する主な理由は2つあります。

①相場全体の下落

②個別株特有の理由

まず①についてですが、市場全体が下落していくと値上がりを狙って買われていた銘柄は売られやすくなります。

思っていたのと逆の方向にいくので当然ですね。

では人気のある株主優待銘柄はどうか?

値上がりではなく優待や配当に期待して買っている人が多いはずなのでそんな簡単には手放さないですよね。

例え値下がりしても優待や配当を貰い続ければその分をカバーできる可能性が高いですから。

②についても同様です。

通常の銘柄は業績が悪化したり何か不祥事があると値下がりしやすいです。

業績が良くなりそれにともなって株価が上がると思っていたのにその逆の結果が出た

ので当然ですね。

では人気のある株主優待銘柄はどうか?

致命的な物を除けば、多少の業績悪化や不祥事は関係ないですよね。

貰える物が減らなければ売る理由はないと思います。

 

3つ目のメリットは家族に喜ばれることですね。

株主優待は、家族に株に対して良い感情を持ってもらうのに役立ちます。

誰でもタダで物が貰えたり食事できたりしたらやっぱり嬉しいですからね。

これはかなり重要だと思います。

肩身の狭い思いしながら株取引をするのと堂々と株取引するのでは結果が違ってくるのは明らかです。

株の値上がりにしか興味のない方も少しだけでもいいので取り入れて頂けると役に立つのではないかと思います。

 

以上、私が考える株主優待銘柄を買うメリットでした。

なかには総合利回りだけでなく業績の伸びも良く、優待と配当を貰いながら株価の

値上がりも期待できるような銘柄もあるのでよかったら探してみてください。

今回の記事はあくまで私の考えを述べたものですので投資は自己責任でお願い

致します。

また優待内容は変わりやすいので最新の情報を調べて買うことをおすすめします。

 Amazon CAPTCHA

 

 

 

 

 

 

 

 

[株主優待 おすすめ]株主優待銘柄の株価指標について

 

今回は株主優待銘柄の株価指標について書きたいと思います。

株価指標で最も使われるものといえばやはりPERとPBRになると思います。

 

PERとPBRとは何か?

PER=株価÷1株当たり利益で計算します。

つまり利益に対して何倍の株価がついているかを示します。

数値が低い程割安と言われています。

通常もう始まっている今期の予想数字を見ます。

12月決算の会社なら17年12月期の予想数字を用います。

もう結果の出てしまった数字ではなくこれから決定する数字を見るということです。

PBR=株価÷1株当たり純資産で計算します。

1株当たり純資産に対して何倍の株価がついているかを示します。

純資産とは会社の総資産から負債を引いた金額のことです。

そしてこれを1株当たりに割り振ったものを1株当たり純資産と言います。

これは会社が解散した場合に株主に対して返される1株あたりの金額になります。

 

PERとPBRをどのように使うか?

PERの標準は15倍位と言われています。

つまり15倍以下だと割安と見られやすいということです

ニュースを見ているとよく日経平均株価というものを見ると思います。

日経平均株価にもPERがあります。

13~17倍の中を上下することが多いです。

会社の成長性によって適正なPERは変わるのであくまで1つの目安にしてください。

PBRは1倍以下は割安と言われています。

PBR1倍以下とは会社が解散した場合に株主に対して返される1株あたりの金額を下回ってるということです。

 

株主優待銘柄を買う前に確認してみて下さい。

人気の株主優待銘柄はPERとPBRが高くなっている傾向があります。

その優待内容をずっと維持してくれるのならいいのですが、優待内容を改悪もしくは廃止すると株価が急落する可能性があります。

そういったリスクも踏まえて買うべきではないかと思います。

ただし業績の伸びもいいのであればそのPERとPBRは適正な数字かもしれません。

あくまで株主優待のみに頼ったような株価が付いているものは注意したほうがいいということです。

また、株主優待に積極的な企業ということは、株主優待内容をもっとよくする可能性もあります。

その場合は逆に株価は急騰するでしょう。

もしくは本業の業績が伸びて株価が上がるかもしれません。

両方の可能性を見ておくべきかと思います。

 

今回の記事はあくまで私の考えを述べたものですので投資は自己責任でお願い致します。

また優待内容は変わりやすいので最新の情報を調べて買うことをおすすめします。

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

「株主優待 おすすめ」 9861  吉野家ホールディングス

今回は証券コード9861吉野家ホールディングス株主優待をご紹介します。

権利確定月 2月末日 8月末日

100株以上で300円のサービス券が10枚貰えます。

1000株以上で20枚、2000株以上で40枚貰えます。

 

ここはメニューが安いので 3000円分のサービス券で何回も食事に行けます。

豚丼330円牛丼380円ですからね。

もしくは奮発して590円の牛カルビ生姜焼き丼等も旨いです。

 

店舗が多いのもいいですね。

いざ使ってみようかと思った時に私の家から近いところに2ヶ所ありました。

何回も行くので近場にあると便利ですね。

家で食べたい時もテイクアウトですぐ持って帰れますし。

 

他にもはなまるや京樽等でも使えるのは嬉しいですね。

牛丼や豚丼ばかりじゃ飽きてくるので選択肢が多いのもポイント高いと思います。

値段がお手頃で選択肢も多いので3000円分の優待でもかなり満足できるのではないでしょうか。

非常に人気のある優待銘柄ですが、納得のいく内容だと思います。

 

今回の記事は買い推奨するものではありません。

あくまで私の感想を述べただけのものです。

株主優待は廃止、内容変更等の可能性があります。

また、株式の売買は株価下落リスクも伴います。

必ず最新情報を確認し、御自身の責任で判断を行って頂きますようにお願い致します。

 

 

 

 

 

[株主優待 おすすめ] 2719 キタムラ

今回は株主優待内容を取り上げたいと思います。

証券コード2719 キタムラです。

 

有名な、カメラのキタムラを運営しています。

ただし、この銘柄の株主優待のメインはスタジオマリオの特別優待券なんですよ。

ご存知ですか?

スタジオマリオ

私は知りませんでした。

株主優待総合利回りランキングでこの銘柄を見つけて、その時初めて知りました。

 

スタジオ◯リスも優待で写真撮影券くれるのになぜ

キタムラを買ってスタジオマリオの特別優待券を手に

入れるのか?

優待利回りが全然違うんですよね。

今日の株価で比べてみると同じ100株買うのにスタジオ◯リスはキタムラの3倍以上かかります。

私の家から車で10分の所にスタジオ◯リスがあるのですが、そこをスルーして1時間かかるスタジオマリオに行ってます。

 

また、この優待は家族の大切な思い出になります。

わざわざ高額な撮影料を払わなくても優待で本格的な撮影をして頂けるんですよね。

満足度が非常に高い優待だと思います。

 

この銘柄は前回総合利回り10%以上で取り上げた銘柄です。

ただ利回りが高いだけでなく、内容も素晴らしいと思います。

かなりお気に入りの銘柄です。

 

今回の記事は買い推奨するものではありません。

あくまで私の感想を述べただけのものです。

株主優待は廃止、内容変更等の可能性があります。

また、株式の売買は株価下落リスクも伴います。

必ず最新情報を確認し、御自身の責任で判断を行って頂きますようにお願い致します。

 

株主優待ハンドブック 2016-2017年版 (日経ムック) | 日経会社情報 |本 | 通販 | Amazon

 

[株主優待 おすすめ]株主優待の総合利回りについて

今回は株主優待の総合利回りについて書きたいと思います。

総合利回り=優待+配当利回りだと思ってください。

 

あなたは何%の利回りなら満足しますか?

私なら5%は欲しいですね。

株価下落のリスクを負うので最低この位は欲しいです。

設定は何%でもいいと思いますが、設定は明確にしておいたほうが買った後で後悔する事が少なくなると思います。

 

他の金融商品と比べてみます。

多少誤差があるかもしれませんのでご了承ください。

(利回りは常に変動するので最新の情報を確認してご判断ください。)

日本国債10年 0.019%

米国国際10年 2.351%

J-REIT              3~6%が大半(予想配当利回り

       一部の銘柄は3%より低い、6%より高いものあります。

日本国債圧倒的に低いですね。

意図的に政府が低くしてるので当然ですが。

財政破綻しないという前提で話させて頂けば日本国債はノーリスクと思われます。

米国国債は為替変動リスクはありますが、ドルベースで考えればこれもノーリスクと思われます。

J-REITは株と同様に価格下落リスクがあります。

銘柄によって差がかなりありますが5%を超えている銘柄は利回りが高いほうと言えるでしょう。

 

銘柄によっては10%を超える総合利回りの銘柄も

あります。

サンリオ 8136

ダイドーリミテッド 3205 

キタムラ 2719

等他にも調べて頂くといろいろあります。

10%以上の利回りを貰える金融商品ってなかなかないですよね。

もし優待内容も気に入るものであればかなりお得だと思います。

  

会社から貰う配当ももちろん嬉しいのですが、優待のほうがより嬉しかったり

するんですよね。

お得感がすごいです。

居酒屋に飲みに行って株主優待だけで支払いできたりもします。

生活してて満足感が間違いなく上がります。

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

[株 漫画 おすすめ]銭華 全3巻 倉科遼 和気一作 芳文社コミックス

今回は漫画を取りあげようと思います。

この漫画はバブル時代の仕手戦について描かれています。

 

この漫画を読むと仕手とは何かイメージしやすく

なります。

株について勉強しているとよく「仕手」という言葉が出てくると思います。

ただ今の時代だと大々的に取り上げられる仕手筋がいないので、具体的にどのような事が行われていたのかイメージしにくいんですよね。

あくまでフィクションではあるのですが、バブル時代の仕手戦の雰囲気が掴みとれるのではないでしょうか?

 

大口投資家の視点で株式市場を見る事ができます。

通常個人投資家の資金は限られている為投資資金はどうしても小口になります。

その視点で株式市場を見るのと大口投資家の視点で株式市場を見るのとでは見える物が違ってきます。

資金が大きいから必ずしも有利ということではなく、もし大量に個別株を持っていたのなら買った金額より高値で大量に誰かに売りつけなければなりません。

失敗すればそれを処分するのに相当な損失を負います。

大口にはどういった事情があるのかを考えたうえで小口である個人投資家は自分自身の売買を考えるべきだと思います。

 

買いと売りのタイミングについて考えるきっかけに

なります。

大口の視点で株式市場を見た後に再度御自身の買いと売りのタイミングについて考えて頂ければと思います。

あなたが今出そうとしてるその「買い」は、もっと安値で仕込んだ人の「売り」の受け皿にされているかもしれません。

当時仕手筋はどのような考え、タイミングで株価を上下させたのか。

また、それに乗っかるもしくは対抗する者はどのような行動を取ったのか。

今まで見えていなかったものが見えてくるかもしれません。

[まとめ買い] 銭華

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA